確定申告はだれがやる?

【確定申告】は、実はあなたが思っている以上にとても簡単なものなのです。とは言っても、やはり初めての人にとってはちょっと敷居が高いのも事実でしょう。そんな時は、怖がらすに税務署に相談に行くのが一番です。わからないことがあったら、それこそ親切丁寧に教えてくれたり、相談にのってくれたりしますよ。また、最近ではパソコンを使って書類が作成出来るため、税務署員に教えてもらいながら【確定申告】書を作成し、そのまま提出することも可能です。ただし、以上のケースは少人数の個人事業主やアフィリエイトなどの副業を行っていて、少額の【確定申告】をする人向きだと言えるでしょう。やはり、所得が1,000万円を超えているような、支払う税金の金額もバカにならないような人は「税理士」に任せるのが確実です。なんと言っても「税理士」に任せた場合、プロの目から見て節税対策をしてくれます。個人では経費に入れていいのか迷うような項目でも、「税理士」が適切なアドバイスをしてくれるので、合計するとかなりの節税効果が期待出来るでしょう。また、【確定申告】の書類に「税理士」の判を押してもらうと、この申告書には誤りはないだろうと判断されやすくなり、税務署の監査が入る可能性が低くなるというメリットもあります。ただ、「税理士」に【確定申告】を任せた場合には、当然ですが費用が発生します。この料金は各事務所や個人で自由に設定されているので、自分できちんと調べることが大切です。また、「税理士」によってかなり能力に差がありますから、知り合いの会社などに信頼出来る「税理士」を紹介してもらうのも一つの方法だと言えるでしょう。浮気調査の依頼は原一(ハライチ)探偵事務所で安心に確実に

確定申告に必要な書類

【確定申告】を行う場合、その申告する内容によって必要となる書類は異なってきます。まず、何をおいても大切なのが、仕事先からもらう「源泉徴収」票や支払調書です。これは、あなたの「源泉徴収」税額を証明する大切な書類ですので、必ず必要となってきます。ただし、仕事先で所得税の「源泉徴収」がなされていない場合には発行されないケースもあるので確認してください。次に、必要経費の「領収書」ですが、これは決算書や収支内訳書に金額を明記し、「領収書」は一定期間手元に保存しておく義務があります。それに、公的年金などの申告には、公的年金等の「源泉徴収」票の原本が、退職所得を申告する場合には、退職所得の「源泉徴収」の原本が必要です。また、控除される項目で、小規模企業共済等掛金控除を受ける場合には、支払った掛金の証明書、生命保険料控除を受ける場合には、保険会社からの払込証明書が必要となってきます。医療費控除についても、医療費にかかった「領収書」や医療費の明細書が必要書類となりますが、書類に金額を明記し、「領収書」は一定期間手元に保存しておきます。かなりの手間がかかってくるのが、家屋を購入した場合に、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除、いわゆる住宅ローン控除を受ける場合です。最初の年だけ【確定申告】が必要となり、住宅借入金等特別控除額の計算明細書、家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写しなどを提出する必要があります。もし、揃える書類に不安な点があるようでしたら、事前に税務署に確認しておきましょう。引越し見積もり比較サイトで安い業者を見つける!